ノルウェージャンフォレストキャット
スポンサーリンク

ノルウェージャンフォレストキャット

シェアする

猫を飼い始めて思ったことと言えば、ノルウェージャンフォレストキャットはまるで犬のようだということ。うちの猫は二匹とも人懐っこい方だと思うけど、性格や動きは全く違う。

スコティッシュの方は猫っぽいけど、ノルウェージャンの方はオマエ、ホントに猫?という行動をしばしばする。
まずどんくさい。うちの子だけなのかも知れないけど、歩き方はのそのそのそ。たまに走る時もドタドタドタという感じで、たまにキャットタワーから落ちる。段のある所を登る時も、いちいち「どっこいしょ」という声が聞こえるような動き方。一方のスコティッシュの方は、忍者のような動きで、サササッ、スタスタという感じで足音もあまり立てず、俊敏な動きで段差もものともせずひょいと飛び越える。

スポンサーリンク


慣れるまではずっと隠れているような子だったノルだけど、慣れてしまってからは部屋の真ん中ででーんと大の字になって寝て、人間や犬が側を通っても全く平気。警戒心ないのか?って感じ。スコはよっぽど暑い日はお腹を出して寝る事もあるけど、人や犬が近付くとさっとお腹を隠す。
ノルはよくドアの側でも大の字で寝てるんだけど、ドアを開けるのに「どいて」と言っても動きたくない時はまったく動かず、ドアをそのまま開けてずずずずっとドアで押しても寝そべったままで「何なん?」って顔をする。
網で囲うと、ちょっと押せば倒れるような網でも、「何?コレ。オレ、出れへん」とじーっときょろきょろ見回して、「もうええわ」とばかりに寝ころんで、出る事を諦める。諦めよすぎるやろ~!、って思わず突っ込みたくなる。これがスコならドーンと体当たりしてすぐに網を倒して出てくる。

ブラッシングが好きなノル。ブラシを入れているカゴに行き、ブラシを取ろうとすることがある。もちろん犬のようにブラシを咥えたりとかは無理なんだけど、ブラシを口や手で触ってはこちらを見て、「ホレ、ブラシしろ」と鳴いて訴える。ブラシをかけると、自分からかけて欲しいところを押し付けてきて、たまに私の手を「ほら、おまえも毛繕いしたるわー」って感じで甘噛みしてくる。

スポンサーリンク



ノルは後追いも結構する。うちの場合は犬と一緒に。トイレに行くとトイレについてきて、シャワーを浴びていると外で出るまで待っている。それとよく喋りかけてくる。気質は大人しくて、おっとり。スコがテーブルの上からじっと獲物を追うような鋭い目で犬やノルの隙があれば飛びかかったりするんだけど(スコにしたら遊んでるらしい)、されるノルは「なんでそんなんするん?やめてよ~」って感じ。ノルの鋭い目つきは見たことがない。

長毛種のノルウェージャンは毛玉がすごくできるからお手入れは大変。毎日ブラシしてもすぐに毛玉がボコボコとできる。ほぐれなかった毛玉は切るようにしてるけど、なかなかじっとはしてくれず切れずに困ってる。それと、うちの子だけかもしれないけど、シャワーと爪切りは毎回戦場。普段大人しいノルが噛むは引っ掻くわで生傷だらけになる。水皿に足を突っ込んだりして水で遊んだりするのは好きなくせに、シャワーは大嫌いなんだよねぇ……。

そんなとこがある子だけど、どんくさいところを含めて可愛い奴です。スコも可愛いけど、犬好きの人が初めて猫を飼うならちょっと犬っぽいノルウェージャンが断然お勧めです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ