リニューアルした亀田製菓の「たまねぎ日和」を食べてみた
スポンサーリンク

リニューアルした亀田製菓の「たまねぎ日和」を食べてみた

シェアする

たまねぎ日和

BuzzLife様でリニューアルした亀田製菓の「たまねぎ日和」が当たったので、食べてみました。

リニューアル前の「たまねぎ日和」については↓に書いています。

亀田製菓の「たまねぎ日和」と「ごぼう日和」を食べてみた
春先からたまに行くスーパーの店頭に並んでいたのには気付いていたけど、買ったことのなかったこの商品。亀田製菓の「たまねぎ日和」。発売自体は2016年9月26日から全国販売されていたらしいです。 小さすぎもせず大きすぎもしないほどよい大きさのおかき。1袋に9個入っています。個包装です。 袋をあけるとふわっと玉ねぎの香りが広がります。匂いだけで食欲そそられます。 サクッ...

リニューアル前との違いは使われている粉末野菜の使用量。野菜の量をふやして甘さを控えることで素材の味わいをアップさせているそう。
大きさは一つ一つの幅が少し小さくなっています。
たまねぎ日和

個包装で、1袋8個入り。リニューアル前は9個入りでした。入れ物の幅としては9個入りそうなので、きっとたまに1個増量中、なんていうキャンペーンをするんだろうな、と思います。

早速食べてみると、ふわっとした口どけは変わらず。味の方は確かに野菜の風味はアップしてるようなんだけど、リニューアル前の方がもっと味が濃いような気がします。甘さを控えた、とあるので、その分、やさしい味になっているようです。ものすごく大きな違いをあまり感じることはなく、これはこれで美味しいな、という印象でした。

ふわっとしているので、食べ始めると止まらないというのは以前と同じです(笑)。

原材料:もち米(国産)、植物油脂、たまねぎパウダー、食塩、砂糖、酵母エキスパウダー、たんぱく加水分解物(鶏を含む)、粉末しょうゆ(小麦・大豆を含む)、ガーリックパウダー(大豆を含む)、ごぼうパウダー、デキストリン、カツオエキスパウダー、調味料(アミノ酸等)、香辛料抽出物、植物レシチン(大豆由来)、加工でん粉、香料

原材料を見ると、リニューアル前のもち米は国産以外も使われていたようですが、リニューアル後は100%国産のようです。カロチノイド色素は今回の商品には入っていないですが、前の商品には入っていました。

栄養成分表(1個包装当たり)
エネルギー 24 kcal
たんぱく質 0.3 g
脂質 0.9 g
炭水化物 3.7 g
ナトリウム 23 mg
食塩相当量 0.06 g

一つずつが少し小さくなっているので、ほんのわずかですが、カロリー等も少し低くなっています。

リニューアルされた「たまねぎ日和」は2017年9月25日(月)から発売されているらしく、小売価格は200円前後。スーパーなんかの実売価格は160円~180円ぐらいになるのでは、と思います。

まだリニューアル後のごぼう日和は食べてないので、ごぼう日和の味もとても気になっています。