(観葉)植物

この記事は約3分で読めます。

家を買ってすぐの頃はせっせとガーデニングに励み、いろんな草花や木を植えたり、室内にも観葉植物を置いたりしてたんだけど、根っからの無精者なので、数年で飽きてしまい、今ではたまーに気が向いた時にミニトマトのような作りやすい野菜や季節の花を植える程度。
真夏に一日でも水をやらないと枯れてしまうようなモノは面倒だから、今年はミニトマトすら植えていなかった(地植えにすればまだいいんだけど、土入れ替えたり邪魔くさいし)。
結局、室内、屋外問わず今でも枯れずに残っているのは強いやつばかり。

スポンサーリンク


育てやすい植物室内編:
ポトス
ガジュマル
アグラオネマ
ワイヤープランツ

ワイヤープランツだけは水切れに弱くて、葉水も必要(他のも葉水してあげればいいんだろうけど、うちは滅多にしない)。ワイヤープランツ以外は基本放置ですくすく生育。冬も窓際に置いていたけど枯れずにいた(多分最低室内温度が8℃ぐらいの場所)。直射日光も入らず、どちらかと言うと一日ちょっと薄暗いかも…って場所。ポトスは葉の色が悪くなるとちょっと明るい場所に移動。
水やりも、あー、葉っぱがちょっと元気なくなった?、って時だけあげるだけで、枯れない。どんだけ丈夫なん?、ってぐらい。うちに来た株だけがそうなのかも知れないけどね(あまりの酷い扱いに植物の方がこっちに歩み寄ってるのかも)。
ただこの丈夫な植物たちも物理攻撃にはさすがに弱く、娘がどーんと鉢に当たって鉢からバラバラに放り出された時には枯れてしまった。いや、娘もすぐに私に言えばよかったのに、言わずに土を拾い集めて適当に落ちた草(草呼ばわりかい!)を突き刺して、水もやらずにそのままにしていたから枯れたんだけどね。私が「あれ?なんか鉢、おかしくない?」と気付いた時には遅かった。
まぁ、ガジュマルは今でも元気に生育中。

スポンサーリンク


育てやすい植物屋外編:
沈丁花
ギンモクセイ
シマトリネコ
トキワマンサク
マンリョウ
梅花空木
エニシダ
ラベンダー
ローズマリー
ジャノメエリカ
モッコウバラ
クリスマスローズ
セージ
ランタナ
アスチルベ←これは旦那が草刈りした時に雑草扱いされて刈られた(-“”-;)

こいつらも基本放置。肥料すら滅多にやらず、地植えなので根が付いてからは一度も水やりしていない。←正しい庭木の育て方じゃないけどね(^^;
虫もほとんどつかず、ついても気になるほどじゃないので放置。春と秋の草抜きの時に、かなり刈り込んでも平気。まぁ、クリスマスローズとかは刈り込まないけど……。
ランタナは地植えする時は覚悟が必要。すぐでかくなる。地下茎でどんどん増える。秋には枯れるけど、春になると増えた状態からまた大きくなり、根っこも大きくなって「もういらね」と思った時に抜くのが本当に大変。
エニシダは落ちた種から子どもがどんどん育とうとするので、子株をすぐに抜かなきゃいけないのが少し邪魔くさいけど、短期間で大きく育つ。ただ寿命は七年~十年と言われているようで、うちの子も七年目の春に花を咲かせて、夏に突然枯れた。鉢植えで育てたこともあったけど、鉢植えだとすぐに枯れたのに、地植えにすると手間いらずだった。

室内ではハイドロカルチャーとかもよくやったけど、今は猫がいるから観葉植物を置くのはちょっとためらう。今家にある唯一の観葉植物であるガジュマルは猫に対する毒性はないらしいけど(もともと猫の届かない所に置いてるけど)、次に観葉植物を買う時はちょっと注意しなきゃなぁと思ってます。

タイトルとURLをコピーしました