カヤジャムを食す

この記事は約2分で読めます。

2016-09-30-05-39-48_1たまたまお店の見切り品コーナーに置いてあったココナッツスプレッド。なんじゃ、これ?と手に取ってみた。主原料が砂糖とココナッツミルクと全卵パウダー。ふーん、カヤジャムって言うんだ、見切り価格で半額だし、食べてみようと買うことにした。

帰宅してググってみると、カヤ=ココナッツのことで、シンガポールなどでは朝食のトーストにこれを使うのが定番らしく、緑色したのと茶色いものがあるらしい。緑色はパンダンリーフがたくさん入っているようで、私が買ったのは茶色。原材料見たらパンダンリーフエキスは入ってるみたい。どっちにしろ美味しいって書いてあったので期待して瓶を開ける事に。

 

2016-10-03-20-25-57

全粒粉の食パンをトースターで焼いて、その上にこのカヤジャムを塗り(現地の人はもっと大量に塗るようだけど、食べれるかどうかわかんなかったので薄く塗った)、マーガリン(ホントならバターを使いたいとこだけど今はバター高いので)を上に。シンガポールでは薄いパンをトーストした後、カヤジャムとバターをたっぷり挟んでサンドするみたいだけど、今回はせず。

さて、食べてみた。ん、まずくはない。舌がちょっと痺れる感じがしたんだけど、痺れるような材料は入ってなさげ(もしかして、私に軽いココナッツアレルギーがあるのかも知れないけど)。
噛んで味わうと、フレンチトーストのような甘い牛乳入り卵液につけて焼いたパンの味がほんのりとする。物凄く甘いかと身構えてたんだけど、それほどじゃなかった(薄く塗ったから?)。
美味しいかと問われれば、正直に答えると悪くはないって感じ。けど、何度か食べてるとクセになりそうな味ではあるかな。匂いがイマイチで、なんだろ、ハーブっぽい感じ?いいニオイではないけど、匂いに意識を向けなきゃ大丈夫って感じ。
なくなったらリピするかと問われれば、微妙。一年に数回食べたらもういい、って感じで毎日食べたいとは思えないかな。お店で見切り価格で激安だったらまた買うかも知れません。

タイトルとURLをコピーしました