懸賞応募で心掛けていること

この記事は約3分で読めます。

(よっぽど信用できる人以外の)個人の懸賞には応募しない。怪しげな所には登録しない。セールス電話がひどい(とわかっているサイトとかもいくつかあるから)のには応募しない。小さなショップの懸賞には応募しない(後々そこで買うかも知れないような商品を取り扱っているところならする場合もある。だって、ショップさんも、後でリピーターになるかも知れない人に当たって欲しいだろうしねぇ)。それと、会社情報が載っていないような所には応募しない、を心がけています。IR情報とか企業沿革とかまでチェックする場合も。


スポンサーリンク



私が応募するものは安全だと思われる主催者の懸賞で、自分や家族(や友達)が使いそうなもの、食べれるもの、換金性の高い物がメイン。

世界一周旅行とかお金にすると結構な費用になる=翌年の税金が大変、という理由で、大型の懸賞は現金や金券とか換金性の高い物(当たった場合に税金が払えるもの)にしか応募しない。

高級車には興味がなく、もし当たったとしても、これも税金とか登録費用だの保険だのを考えると私にとってはあまり魅力に感じないので、高級車にも応募しない。どうしても車が欲しい時なら応募するかも知れないけど、軽自動車とかコンパクトカーの方が魅力的だったりする。

これだけネット普及しちゃうと、昔ほどネット懸賞も当たらなくなったけど、Twitter懸賞はまだ当たるなぁ~って印象。
参加者もそこそこ多いと思うけど、フォロー&RTだけで当たったりするから(コメント入れる事もあるけど、ほとんどの場合は無コメントでの応募)。
特にビールや飲料系は最近Twitterでのサンプリングみたいな懸賞多いから、当選者数多いし、これはよく当たるよねぇ。

スポンサーリンク


Twitter以外のネット懸賞は、前なら月に数個の当選品が届いていたけど(多分月々200以上は応募して)、最近はほとんど当たっていない。Twitterメインで、応募自体もあまりしてないっていうのもあるけど。

クローズド懸賞は、面倒で半年に1、2回ぐらいしか応募してないけど、やっぱり勝率がいいから、ちょっと真面目に取り組もうかと思っています。
ただねぇ~、激安の店ばっかり行くと応募できるものがなくてねぇ……。バーコードを集めてってのにはいいんだけど、バーコードや点数集めるタイプは勝率落ちるから……。

一番当たりやすいクローズド懸賞はスーパー(ドラッグストア)&メーカータイアップもの。対象商品●円以上お買い上げの上、レシートに貼って、ってのはかなりの確率で当たる。
スーパーも、地域に根差してるような全国展開してない所がいい。またはちゃんと西日本ブロックとかブロックごとに分かれてのメーカー共催の懸賞。

時間があってラジオを聴く人ならラジオ懸賞も狙い目。私は通勤時に車を運転しながら聴くだけなので、なかなか応募できないけど……。

モニターや懸賞が楽しいのは、自分じゃ買わないような商品が当たったりすること。ちょっと買うのは躊躇うけど、使ってみたいなぁ…とか食べてみたいなぁ…って商品が無料でお試しできたりする点。なんか嬉しいんだよねぇ。

今後はクローズド懸賞と引き続きのTwitter懸賞、モニター応募に力を注いでいこうと思っています。

タイトルとURLをコピーしました