かすうどんを作ってみた

この記事は約4分で読めます。

たまたま行ったスーパーで油かすが売っていたので思わず買ってしまった。

油かすとは牛の小腸を油で揚げて、水分や脂分を飛ばしたもの。大阪の南河内では昔から食べられていたらしいけど、中河内出身の私は割と最近になるまで見たこともなかったです。

私の周りの大阪人は油かすを日常的に食べる習慣はない人が多かったけど、コロ(クジラの皮を低温で揚げたクジラ版油かすみたいなもの)好きは多くて、それをおでんに入れて食べたりしてたものでした。独特の臭みがあったので、私は苦手だったけど……。今はコロを見かける事もなくなったけど、昔は冬には大抵どこのスーパーでも売ってたものです。

かすうどんが食べれるお店が増えたのはこの10年ぐらいの間じゃないかなぁ…ってな感じだけど、そのせいか、たまにスーパーやお肉屋さんでもこの油かすを売っているのを見かける事があります。関西のお肉屋さんやスーパーならどこでも売っているってわけではありません(南河内ならどこのスーパーやお肉屋さんにでもあるのかも知れないけど)。

油かすだけど、スーパーなんかで見かけるお値段はだいたい100gで450~550円ぐらいの間。賞味期限は冷蔵で一カ月以上のものが多いと思う。確実に手に入れようとすれば、Amazonや楽天ショップ。

2016-10-20-22-46-47_1油かすが手に入ると必ず作るのがかすうどん。

かすうどんに限らず、うどんってお出汁からちゃんと取って作ると面倒だけど、そんな時に大阪人がよく使うのが、秘密のケンミン showでも紹介されたらしい「ヒガシマルのうどんスープ」。
お湯で溶かすだけで手軽で美味しいうどんのお汁ができます。

簡単かすうどんの作り方

材料:
ゆでうどん 一袋
水 250ml
ヒガシマルのうどんスープ一袋
油かす 適量
小口切りにしたネギ 好きなだけ
とろろ昆布 好きなだけ

作り方:
お鍋にヒガシマルのうどんスープと250mlのお水を入れて沸騰するまで火にかける。←味が気に入らない場合、濃ければ水を増やす、塩辛ければみりんを少し入れたり、薄ければお醤油を少々追加したりするとよい。私はそのまま使う派だけど。
その間に、油かすを適当に切る。
2016-10-20-22-59-08_1
油かすはこんな塊で売られているので(乾燥してるのでちょっとかため。触った時はかたく感じるけど、案外包丁で簡単に切れる)、これを適当に切る。

2016-10-20-23-00-04_1こんな感じのスライスに。この量で二人前分ぐらいかなぁ~。好きならガンガン入れてもいいけど、ちょっと脂っこくなりすぎるかも。

 

 

お鍋が沸騰したらスライスした油かすを投入。2分ぐらい火にかけると油かすが透明になるので、火を止めて、湯通ししたおうどんをうどん鉢に入れて、上から油かすとスープを入れる。
私は邪魔くさがり屋なので、おうどんは湯通しせずに、そのまま鍋に少し入れて温まったらうどん鉢にすべて投入。

仕上げに小口切りにしたネギととろろ昆布をのせて出来上がり。2016-10-20-23-09-34_1
こんな簡単に作れるのに、ヒガシマルうどんスープの味と油かすからでる出汁がうまいっ。
今回の油かすはちょっとニオイがあると言えばあるかな。気にならない程度だったけど、これは買ったお肉が悪かったのかも。臭味のない場合もある。個体差や、お店の処理の仕方によって多少臭味が残ったり残ってなかったりするんだと思う。

油かすが残った場合、スライスして冷凍するか、野菜炒めやお好み焼きや焼きそばに刻んで入れても美味しいです。

今回、懸賞目当てでヒガシマルうどんスープを買ったわけじゃないけど、たまたま現在懸賞をやっているようです。バーコード一枚から応募可能らしく、すごいのが、箱を切り取ると、

2016-10-20-22-49-44_1応募はがきになっていて、丁度バーコードが裏面に印刷されているので、いらない部分を切り取って、必要事項を記入して、切手を貼るだけで応募できるようになっている。

キャンペーン詳細はこちらのヒガシマル醤油公式サイトのキャンペーンページへ
締切日は、平成28年10月・11月・12月の各末日 (当日消印有効)。

賞品はヒガシマル商品詰め合わせ 毎月2,000名
Wチャンス賞 うどんスープ料理本 毎月1,000名

当選人数もそこそこ多いけど、対象商品も多く、バーコードも1枚から応募できるので、なかなか厳しいかもしれないけど、私はもちろん応募します!当たるといいなぁ~。


モニプラファンブログのアイシングクッキーでハロウィンを楽しもう!【共立食品】キャンペーン参加中。

モニター数: 15名
選考発表日: 10月25日(火)
モニタープレゼント:
「クッキーミックス粉」「ココアパウダー」
「アイシングシュガー」「トッピングハロウィンシュガー」「絞り出し三角紙」

当選した暁には、不器用な娘と一緒に不器用な私が作った摩訶不思議なハロウィンクッキーをアップすることになるでしょう…。ええ、どんだけ失敗したものでも責任もってアップいたしますっ。
共立食品 アイシング特集

タイトルとURLをコピーしました