ジャルダン・フリュイを食べてみた

この記事は約2分で読めます。

p_20161204_212830_1旦那が貰ってきた南青山ショコラ・シックのジャルダン・フリュイ。 ラム酒漬けのフルーツケーキの上にドライフルーツとナッツが綺麗に飾られている。

「滅茶苦茶うまい。これ、お前らで分けろ」と2個くれた。

私と子どもたちで半分ずつにして食べる事にしたんだけど、息子は一目見て「いらん」と言うので、私が丸ごと一つ、もう一つを娘二人が分けることになった。

スポンサーリンク


p_20161204_212957_1コンパクトなケーキで、長辺がだいたい10cmぐらい?
ケーキのお姿も美しく、わー、めっちゃ美味しそう~、と一口食べた。
うっ。あ、あかん、これあかん味( p_q) 私、ラム酒漬けのフルーツやラム酒の入ったケーキが大の苦手。歳とってきて味覚が鈍くなってきたから食べれるかと思ったけど、やっぱりダメだった。だんだん食べるのが苦痛に。少し食べて、長女にあげた。次女もこの味はダメだったらしく、このケーキを美味しいと感じたのは旦那と長女のみ。

お菓子に洋酒って、香り付けのためだけならまだいいんだけど、これ、ラム酒漬けフルーツがふんだんに入ってるから味もしっかりラム酒の味がする。

スポンサーリンク


ラム酒だけじゃなくて、ケーキにお酒が入ってるのってどうも苦手なんだよね…。ブランデーもダメで、ウィスキーボンボンとかもどうしてわざわざウィスキーと一緒にするの?、別々に飲んだり食べたりする方が美味しいじゃん、と私にとっては理解不能な組み合わせ。

でも、このケーキもラム酒が好きな人だったら最高に美味しいんだろうなぁ…。美味しいと思えなくて非常に残念。旦那や長女はラム酒特有の味や香りが気にならないどころか美味しく感じる羨ましいタイプのよう。←大多数の人はそうみたいなんだけどね。
あーあ、せっかくドライフルーツは食べれるようになったのに(若い頃はドライフルーツも食べれなかった)、よく売ってるフルーツケーキは大抵ラム酒漬けなんでまだまだ食べれそうにないや…。

タイトルとURLをコピーしました