しばやま農園の寝た芋

この記事は約2分で読めます。

先日、阪急うめだ本店で「おいしいニッポン」という催し物をやっていた。

飲んだ帰りにふらりと立ち寄って、まず目を引いたのが北海道「ナカヤ菓子店」のアップルパイの行列。店員さんが最後尾でだいたい一時間半から二時間待ちになっています、と言っているのを聞き、そんなには待てない………とアップルパイは諦めた(かなり酔っぱらってフラフラしてたから、二時間も並んでられませんって)。

 

催事場をうろうろしていると、讃岐うどんカツバーガー(炭水化物in炭水化物!!)、とかいろいろ気になったんだけど、「寝た芋」という焼き芋の試食があったのでいただいた。
甘ーい。焼き芋と干し芋があって、「どっちがお勧め?」って聞いたら「やっぱり焼き芋の方ですね」と販売員さんが言ったので、焼き芋を買うことに。

外装は紙袋。中には真空パックの焼き芋が一本入っています。お値段一本501円(公式ホームページでは一本500円みたい)。だいたい15cm~18cmぐらいの長さだと思います(ちゃんと計測はしなかったんだけど)。約200gだそう。

中袋からお芋をお皿に取り出して、レンジでチン。だいたい一分ぐらい加熱。

半分に割ってみると、見ただけで甘そう!って感じ。

一口食べてみると、甘さがじんわり。すごい甘さ。安納芋も顔負けというか、安納芋も多少味のばらつきがあるから、一般的な安納芋以上に甘くて美味しい。芋というよりも芋餡みたいな感じです。でも芋そのものなので、繊維も豊富で、砂糖類も一切使われていません。

 

この寝た芋は約百日低温貯蔵し熟成させて作られているそう。熟成させるだけでこんだけ甘くなるの?と驚きです。

今回は一本しか買わなかったんだけど、もう少し買っておけばよかったと後悔。常温保存可能。賞味期限はホームページ上では発送日含め7日とありました。

これ、冷凍庫に入れて食べても美味しいらしく、一時間冷凍庫に入れるとアイスクリームみたいになるそうな。うーん、今回はできなかったけど、次買ったら凍らせてみよう。

しばやま農園さんのホームページでも購入可能みたいです。
https://shibayama-f.com/product/yakiimo/index.html

タイトルとURLをコピーしました