味の素の冷凍餃子が本当に上手く焼けるのか試してみた

焼くのが苦手で、あまり家で餃子を食べることってないんだけど、なんとなく前から気になっていた味の素の冷凍餃子がスーパーで目に留まった。ギョーザ売り上げ日本一! 油・水なし 皮パリッパリッ というパッケージにホントにぃ~?と気になり買ってみることにした。

 

下手なことをすると失敗するのは確実なので、パッケージ裏面の作り方を忠実に再現。

まずは凍ったままのギョーザを並べて火をつける。ここで油はひかない(鉄製のフライパンの場合は少量の油が必要らしい)。うちはテフロン加工なので、ひかずにギョーザを並べた。

スポンサーリンク



すぐに蓋をして蒸し焼き。中火で約5分。この時水は入れない。

↑5分経って蓋をとったところ。餃子の周りに羽根ができ始めている感じ。この時点ではまだ水溶き片栗粉が沸騰した感じ。

蓋を取り、1~2分、中火で好みの焼き目をつけると完成、とあったので、追加で加熱。

うーん画像が暗くてよくわかんないけど、うちの火力の場合、2分ぐらいすると羽根の部分が少しこげ茶色っぽくなりました。焼き目はだいたいこの羽根の色で判断するといい感じみたい。パリパリがいいなら焦さない程度まで羽根の部分がこげ茶色になるまで待った方がいいかも。

おぉー、ちゃんと焼き目がついてる。で、焦げずにできたー。水・油なしでできるのに感動~。羽根が大きめな方が好きな人にはちょっと羽根の量が物足りないかも。

断面はこんな感じ。見辛いけど。

スポンサーリンク


味はうまい。冷凍餃子ってこんなに美味しくなってるんだー、とちょっと感動した。最後に冷凍餃子を食べたのっていつだっただろう…。

結論:味の素の冷凍餃子はテフロン加工がはげていないフライパンなら作り方通りに作れば焦げずに美味しい餃子が作れる。

テフロン加工がはげているフライパンだと失敗する可能性は高いと思われ。ついつい炒め物って強火でやっちゃいがちだけど、テフロンのフライパンは強火で使うのはNG。はやく加工がはがれて焦げ付きやすくなってしまいます。強火でだーっと炒め物をしたい時には鉄製のフライパンを。

今気になっている冷凍食品は同じ味の素が出しているザ☆シュウマイ。これがなかなかにいい値段していて(よく見かけるのが500円前後)、まだ買えていない。うち、家族多いし、みんな大食いだから、一パックじゃ絶対喧嘩になるし、二パックでも足りないと思う。でもシューマイに三パック? 約1500円? 他におかずいらないならいいけど、他にもおかず作るとなると結構な値段だよなぁ~とまだ今のところは買わずじまい。あー、でも食べてみたいなぁ~。ザ・チャーハン(これもだいたい安くて450円ぐらい。普通は税込みだと500円超えるかな…)はちょっと味は濃いめだけど、なかなかに美味しかったんだけどねぇ。

味の素の冷凍ギョーザはスーパーでよく特売がかかるので、だいたい税込み210円~250円ぐらいで購入可能かと思われます。

追記:これを書いた翌日に、業務スーパーでザ☆シュウマイが特売されていたので買ってみました。感想はこちらのページに。業務スーパーでは味の素の冷凍ギョーザも特売していて、税込み180円ぐらいだった気がします(ちょっと記憶が曖昧。でも税抜き価格が160円代だったと思います)。なかなかその価格は見かけないので、えっ、安っ!と思いました。

コメント