伏見稲荷大社のお守りを郵送してもらう

この記事は約3分で読めます。

新しいお財布を買い、金運のお守りを入れたいと思ったのが少し前。神社へ行こうと思ったんだけど、現在怪我をしていて、電車に乗って出かけたり、歩いたりするのがキツイので(でもお財布を寝かしている間にお守りは一緒に入れておきたい)、どこか郵送してくれる神社がないのか探してみた。

茨城県稲敷市阿波の大杉神社が一番最初の候補だったんだけど、お礼参りとか遠くて行けないしなぁ……とやめて、どこかもっと近い所ないかなぁ、お財布に入れれるようなお守りがあるところ、と検索すると、伏見稲荷大社でも郵送していただけることを知り、お稲荷さんにお願いすることにしました。

伏見稲荷大社と言えば、言わずと知れた日本三大稲荷(日本三大稲荷は地域によって違う挙げられる神社が違うけど、伏見稲荷は必ず入ってますよね)。千本鳥居が有名です。って実際には5,000以上の鳥居があるらしいんだけど…。数えきれない数の鳥居を眺めているととても不思議な気分になります。毎年参拝しているわけじゃないけど、2、3年に一度はお参りに行っている神社です。

神社の側にはスズメとうずらの焼き鳥屋さんが数軒あって、名物になっています。丸焼きなので、ちょっと残酷にも見えるかも知れませんけど…。子どもの頃から父親が趣味で狩猟をやっていたので、私には美味しそうに見えますが、お稲荷さんの側で食べたことはありません(食べにくそうだもん)。父が撃ったスズメを子どもの頃食べたことがあるけど、身が少なくて(スズメ自体が小さいから)、骨が多いという印象しかありません。

あ、脱線しすぎましたね。話を御守に戻しましょう。

https://inari.jp/
オーダーの仕方は、ホームページの中のお守りのページを開く。ページ左の「郵送によるお申込み」をクリック。
郵送申込書フォームがあるので、そこをクリック。必要事項を記入し、プリントアウト。現金書留にてお守り代金、送料、プリントアウトした用紙を一緒に送付。送付先は、郵送申込書の一番下に書いてあります。

お守り、複数お願いする時も送料はそれぞれ必要みたいです。実際には一緒に送られてくるから、少し多めにお支払いすることになるんだけど、多めに払っている分は御賽銭だと思えばいいですよね。梱包する手間もかかっているし。

何日で送られるかはその時の忙しさにもよると思うんだけど、私の場合は、月曜日の夕方に現金書留を送り、金曜日にお守りが到着しました。

届いたお守りは早速お財布の中に。たくさんお金を呼び込んでくれますように。

怪我が治ったら改めてお参りに行こう……。

伏見稲荷は京阪本線 伏見稲荷駅を出て東の方角へ徒歩5分。JR奈良線 稲荷駅を降りてすぐの場所にあります。

タイトルとURLをコピーしました