ベルサイユのばら リキッドアイライナーを使ってみた

この記事は約3分で読めます。

第2広報室さんで当選した「ベルサイユのばら リキッドアイライナー」が届きました。

発売元は株式会社バンダイ クレアボーテ。製造販売元はアサヌマコーポレーション株式会社。

このベルばらシリーズのコスメ、ドラッグストアなどの店頭ではよく見かけるし、ネットの評判もいいのでずっと気にはなってたんだけど、使ったことがありませんでした。

今回届いたのは4月20日に発売された限定パッケージの「レディオスカル」バージョン。ボトルもピンクで可愛いです。←通常品はボトルもブラックで、パッケージも黒が基調。

クリームも何も塗っていない状態の手の甲に描いてみました。うん、描きやすい。ペンの毛先は筆ペンのようになっています。そこまで柔らかくはないので、描きやすいですが、私はもう少し固めのペン先の方が好きかな…って感じでした。

目にも描いてみました。普段、私はリキッドアイライナーは使いません。というのも、奥二重で、完全に乾く前に目を閉じちゃうと瞼の上の方に引いたラインがついてしまうから。お直しするのに時間かかるし、乾くまで待つのが面倒なもので…。

こちらのアイライナーも、やはり乾くまでは同じような状態になります。でも、線を引いて、乾くまで待って、乾ききってしまえばとても使い勝手の良い商品だということを実感しました。

ウォータープルーフで、描きやすく、よれにくく、落ちにくい。一旦乾けば、指でラインをこすってもほとんど落ちません。ばーっとにじむこともないです。パンダ目にもなりにくいと思います。落とすのはお湯で簡単に落ちます。

お遊びで、目の上下に思いっきりラインを引いて、娘に見せてみると「そんな人おるわ~。あ、ハイヒールモモコに似ている」と言われてしまいました。微妙な人を例に出してきた娘…。褒められているのか貶されているのかわかんないよ。

思ったより使い勝手がよかったので、これからは時間に多少余裕のある時はリキッドアイライナーを使おうと思いました。

この商品、アンズ種子エキス、オトギリソウ花/葉/茎エキス、キイチゴエキス、スイカズラ葉エキス、トレハロース、乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液、ヒアルロン酸Na、プルーン分解物、ポリグルタミン酸、モモ葉エキス、リンゴ果汁エキス、レモン果汁エキス、ユズ果汁エキス、オクラ果汁エキス、ニンニク根エキスと15種類の美容成分が入っているそう。保湿成分も入っているので、目元が潤います。

最大の魅力はその安さ。だいたい1200円前後で販売されています。同じシリーズにペンシルアイライナーもあるんだけど、そちらもいつか使ってみたいですね。

タイトルとURLをコピーしました