達磨寺

この記事は約2分で読めます。

龍田大社、竜田川へ行った日、達磨寺にも行ってみました。JR王寺駅の南口から徒歩10分ちょい。

駅からお寺まで、王寺町のゆるキャラ、雪丸の足跡が地面にあります。これをたどればお寺に着く…はずだったんだけど、途中で足跡を見失い、少し迷いました。でも、後で地図で確認すると迷うことなんてない感じの道でした。

右手が鐘楼。奥が本堂なんだけど、この日は落語と講談のイベントがあり、撤収している最中だったので、本堂は撮ってません。ちなみに落語は桂九雀さん、講談は旭堂さくらさんという女性の方でした。

講談を聞いたのは初めてだったけど、うーん、私には合わないなぁ。聞いたのが彼女が作った奈良講談で、どうにも辛気臭い話で、気が滅入りました。

雪丸は聖徳太子の愛犬だったそう。こちらのお寺は聖徳太子と縁が深いそう。


達磨寺というだけあって、達磨が売られていました。

本堂の裏手では墓地も販売されていてるようでした。古いお寺の境内にある墓は、たいていもう場所がなくて新規募集なんてしていないところが多い、というイメージだったから少し驚きました。

こちらのお寺には重要文化財や奈良県指定文化財、王寺町指定文化財があります。毎週土日にはボランティアガイドの方々がいらっしゃるようで、この日も寄席の後に境内を案内をされていました。

毎週火曜日には写経ならぬ写仏をされているようで、ご住職曰く、火曜日以外でも来てもらっていいです、とのこと。本堂は毎日午前10時〜午後3時まで開いているようなので、その時であればよいみたいです。

 

タイトルとURLをコピーしました