大神神社 2018年・初詣

この記事は約2分で読めます。

大神神社 二の鳥居
正月三が日の間に、数年ぶりに奈良県桜井市にある大和国一宮である大神神社に行ってきました。
JR桜井線三輪駅を下車。二の鳥居までは歩いて5分ぐらい?駅が近いのはいいんだけど、普通電車しか停車しないので、30分に1本ぐらいしか電車が来ません。
お正月の間は近鉄の桜井駅から臨時バスも出ていて、本数もわりかし多めだったと思います。
何も行事がない時は、広い駐車場があるので、車で行っても全然問題ないんだけど、正月は人出も多いので、車はおすすめしません。


お正月はたくさん屋台も出ます。私が行ったのは三日の午前9時頃でしたが、すでにほとんどのお店がオープンしていました。大晦日だと夜通し屋台もやっていたはずです。

三輪さんの周りには、地元の農産物を売っているお店も多く、干し柿や山芋や、きんかんとかが店先に並べられています。スーパーでの価格と変わんないあるいは、高めってお店もありますが、中にはすごく安い!ってお店もあったりします。冬は奈良は柿の産地なので、柿はスーパーよりも安く売ってることが多いです。


屋台の間を通って二の鳥居をくぐってしばらく歩くと左手に祓戸社があります。お正月期間なので、警備員さんが祓戸社はこちらになります、と案内してたんだけど、そっちへ行かずに直接拝殿の方へ行く人たちを見て、順序をわかっていないなぁ、と少しぼやいてらっしゃいました。

大神神社
拝殿の右手には今年の絵馬がありました。

おみくじを引くと大吉。大吉を引いたのは本当に久しぶりで、ここ3、4年の間、どこの神社やお寺で引いても凶か末吉。よくて半吉だったので、嬉しかったです。

祈祷殿の前には巨大な絵馬があって、お願い事を書くことができます。祈祷殿のすぐ横になでうさぎがあるんだけど、かなり並んでいたので、パスしてくすり道へ。くすり道を道なりに進むと狭井神社に着きます。

お正月の間はどうかわかんないけど、普段なら、狭井神社で登拝料を納めて、たすきをもらってご神体である三輪山に登ることができます。この日は狭井神社へは行かず、手前を左に曲がり、展望台の側を通って末社である久延彦神社へ。展望台からは大和三山や二上山がよく見えますが、この日は人も多かったので行きませんでした。


久延彦神社は学問の神様。うちのおバカな子供たちが賢くなるようにお願いしました。


いつもなら、こちらをお参りした後には若宮社にお参りして、二の鳥居の近くにあるお店でにゅうめんを食べて帰るんですが、この日はあんまり体調もよくなかったため駅へ直行し、帰宅しました。

電車の本数が少ないのがちょっとアレですが、いつ来ても気持ちがよくなる神社です。

おみくじも大吉だったし、よい一年になるといいなぁ~。

タイトルとURLをコピーしました