Google Homeが当たったので使ってみた

Google Home

先月、Google Homeが懸賞で当たったので、しばらく使ってみた感想を。

そもそもGooge Homeって何?

Google Homeはグーグルが開発したスマートスピーカー。

これが当たる前、うちのノートパソコンのスピーカー性能がいまいちで、外付けスピーカー買おうかすごく迷ってて、その時、スマートスピーカーってものがあるってことを知って、欲しいなぁ~っと思ってたんだよね。

スマートスピーカーでできることと言えば、天気予報を調べる、ニュースを聞く、時刻を調べる、タイマーをセットできる、音楽サービスを利用できる、スマート家電を持っていれば登録して例えば電気を付けたり消したりできる、ってことかな。

Google Homeの場合は Chromecast(クロームキャスト)を持っていて、Netflixに登録してれば、Netflixの動画をテレビで(音声コマンドで)再生ってことも可能なようだけど、うちにはないので試したことはありません。

スマートスピーカーは現在のところ、Google Homeの他にはAmazon Echo、LINE Clova WAVEなんかがあって、Amazon Echoは招待制(AmazonのEchoのページに招待メールをリクエストってボタンがあるから、それをクリック。招待された人だけが購入可能)。

ノートパソコンをBluetooth接続させて、Google Homeのスピーカーから音を再生させたり、Amazon FireHDとスピーカーをBluetooth接続させて、Amazonプライム動画の音声をスピーカーで流すことも可能。ただし、接続させた時の音声は最初はすごく小さいので、Goolge Home本体のボリュームをあげないと「あれ?接続できてない?」って勘違いすることになります。


使い方

セットアップは簡単。スマホかタブレットから操作します。Google Homeは電池式ではないので、コンセントが近くに必要。

音楽サービスであるGoogle Play Musicは登録してから14日間は無料。その後で、クーポンを使うと3か月間無料(登録した初日にクーポンを使ってもトータルで3か月&2週間が無料みたいです)。以降は月額980円(端末1台のみ利用が可能)あるいはファミリープラン(端末計6台分が一度に音楽を楽しめる。月額1480円)の利用料がかかります。ただ、Google HomeではSpotifyも利用できるので、有料サービスを使わなくてもある程度は楽しめるかもしれません。

で、使ってみたんだけど

「OK, Google. TOTOの I’ll Be Over Youをかけて」と言うと「わかりました、トートーのアイルビーオーバーユーですね。プレイミュージックから再生します」とお返事。

「OK, Google. 宮本笑里の東京et巴里をかけて」と言うと、「宮本笑里かけるソリイタのトウキョウイーティーパリですね」と返ってくる。

「カラフィナのマギアをかけて」「カラフィナのマーギアですね」

うーん、どうもGoogleさんはカタカナに弱いようです。洋楽に関して言えば、言語を英語(US)に設定して、リクエストした方がすんなりお目当ての曲をかけてもらえます。日本語のままだとどう発音を変えたり、言い方を変えたりしても「すみません、お役にたてません」って返事をされてしまうことが多いです。

言語設定はGoogle Homeアプリから可能。左上の三本線をタップ→その他の設定→デバイス→googlehomeのニックネーム→YouTube制限付きモードの下にあるアシスタントの言語で変更が可能。っていちいちアプリからじゃないと無理なのかな…。音声コマンドでアシスタントの言語が変えれるといいんだけど、すみません、お役にたてそうにありません、って返事されるから無理なんだろうなぁ。

Googe Play Musicだけど、アニソン系とか聞きたいのはあんまりなかったりします。歌っちゃおうとかのカラオケバージョンとか着メロバージョンだとあるのに本家のものがなかったり。J-POPも聞きたいと思う人があったりなかったり(版権の問題?)。洋楽系はたいていかかる気がします。

音声コマンドでは出ないけど、Google Play Musicのアプリ上ならばある、という場合もあって、その場合は、スマホの音声をGoolge Homeに流すことができます。

赤で囲っている右上の部分をタップするとキャストしますか?と出てくるので、自分のGoogle HomeのニックネームをタップするとGoogle Homeで聞くことができます。

ラジコでAMやFM放送を聞くこともできるんだけど、これも本家のラジコ同様、地域外のものは聞けません。

ニュースはアシスタント言語が日本語設定だとNHKのラジオニュースが最初にくる(これは変えれるよう?)けど、英語設定(米語)だとFOXニュースになります。

意外に便利

Google Homeで意外に便利だと思ったのがタイマー。例えばカップラーメンにお湯を入れて、「OK, Google.3分タイマー」と言うと、「3分ですね。スタート」と返事してくれ、3分後にアラーム音を鳴らしてくれます。目覚ましもOKで、「OK, Google.6時にアラームをかけて」みたいな感じでセットしてくれます(止める時は「OK, Google.アラーム(タイマー)を止めて」)。

一番便利だと思ったのがショッピングリストですね。「OK, Google. きゅうり1本を買い物リストに追加して」と言うと「はい、きゅうり1本をショッピングリストに追加しました」と返事をしてくれます。

そのショッピングリストですが、

GoogleHomeアプリを立ち上げて、左上の三本線(赤で囲っている部分)をタップ。

すると上記の画面がでるので、その中のショッピングリストをタップします。

するとこの画面に買い物リストに入れたものがでてきます。各リストには左にチェックできるボックスがあるので、かごに入れるたびにチェックできるから買い忘れの心配もなし。

うちでは家族に、何かいるものがあったらGoogleに言ってと言ってます。

買い物リストを削除する場合は、左上の三本線をタップ→管理→ショッピングリストと書いてある横の3つの●をタップし、削除をタップ。

まだ使っていないけど、スケジュール管理もできます。

もう1台欲しいかも

トータルとしての感想は、各部屋に欲しいな、って感じ。寝ながらまったりと音楽を聴くのもいいし、アラーム音量もかなり大きくできる(スマホから音量の調整可能)ので、ものすごく朝が弱い私には最適。

miniだと着せ替えはできないけど6,480円とGoogle Homeの約半額。スピーカー性能は少し落ちるようだけど、なかなか魅力的。12月頭には半額セールしてたって後で知って、知ってたら買ってたよ~、って思いました。

コメント