C’festa(シェフェスタ)in 奈良 2018

この記事は約5分で読めます。

C'festa(シェフェスタ)奈良 2018
去年に引き続き、今年もC’festa(シェフェスタ)in 奈良へ行ってきました。去年は10月の終わりから11月頭だったんですが、今年の日程は9月15日から24日まで。時間は10:00〜17:00。奈良公園にて開催。その後で10月6日から14日まで馬見でもやります(例年、馬見が先で、後から奈良公園だったと思うんだけどね)。
14日に行ったんですが、その日は興福寺寄りのところにかき氷屋さんがあって、すごい行列ができていました。調べてみたら、9月14日・15日だけ『ひむろしらゆき祭IN興福寺』という別のイベントをしていたみたいです。

初日で土曜日だったにも関わらず、お天気がいまいちで、どんよりした曇り空。雨も降ったり止んだりという天気だったせいか、客足は例年の土日よりも少なめだったような気がします。

客足が少なめということはあまり並ばずに食べ物が買えて、席もすぐ座れるのである意味ラッキー。お客さんが多すぎると席がないからねぇ…。地面に座るわけにもいかないし…。なんせ奈良公園なので、鹿の糞がゴロゴロ転がっています。
で、食べましたよ、いろいろと。


梨のソースのローストビーフ。多分お値段1000円ぐらいだったと思います。お店ははっきり覚えてないんだけど、ロワゾブリュさんだったと思います。ローストビーフが6切れ入っていました。お味は梨のソースの甘さが美味しかったです。ソースはもう一種類あって、そっちは奈良漬ベースだったかな。両方かけることもできたみたいなんだけど、知らなかったので梨のソースだけ。

pianoのピザ
こちらはpianoさんのピザ。ピザは3種類あったと思います。こっちは1500円(だったと思います)の大和野菜のピザ。窯焼きで、一枚一枚オーダーが入るごとに焼いてらっしゃいました。だいたい一枚5分ちょっとで焼けるようです。味は当然美味しかったです。

タコス屋サリーのタコス
フードトラックで販売していたタコス屋サリーさんの高取味噌のローストビーフタコス(メニュー名をはっきり覚えてないけど、多分そんな感じのメニューだったかと…)。お値段は700円ぐらいだったかな。一枚一枚トルティーヤをその場で揚げて作ってらっしゃいました。高取味噌って食べたことがなかったんですが、甜麺醤に似てるなぁ、と思いました。


豚肉の串。800円。うーん、このお店の名前は覚えてないんだけど、ステージに近い方のお店だった、味はケイジャン風というか、スパイシーで美味しかったけど、値段がちょっと高いな、と思った1本でした。


豚とエスプレッソとさんのカツ丼。800円ぐらいだったと思います。私は冷めちゃってから食べたけど、温かいうちに食べた子供は大絶賛していました。冷めてからも美味しかったですけどね。


こちらはオステリア ユルリ osteria YU・RU・RIさんだったと思います。
奈良郷ポークの炭火焼と奈良曽爾村の当帰入りソーセージ2種を注文しました。

1400円でした。少ないです(涙)。豚肉は皮つきの三枚肉みたいに感じたけど、違ったかな?味は鶴橋で売ってる蒸し豚食べてる感じで、美味しいのは美味しいけど、ちょっと脂きついです。この豚肉で豚キムチ作ったらうまいだろうなぁ~なんて思いながら食べてました。ソーセージは当帰入りってあったけど、当帰そのものを食べたことがないので、よくわかんなかったです。普通に美味しいハーブ入りのソーセージって感じでした。


出店表にはFUJIN.INCってありましたが、西大寺のcucina+oven pianoさんのパスタだったと思います。大盛で1200円だったかな。割とすきっ腹で飲んでたので、胃が炭水化物を求めていて、食べたらほっとするお味でした。


何度かこのフードフェスティバルには来ているのに、一度もオーダーしたことのなかったシェフズキッチン。看板の写真に惹かれて…

シェフの写真を見て…

メニューを見て、あんまり並んでもいなかったので、ええぃ、食べちゃえ!!と食べてみることにしました。

これで1600円です。リストランテ イ・ルンガさんは確か現在閉店中で、来年の春あたりに違う場所でオープンするとか耳にしましたが、なかなかにお値段設定の高いお店で、貧民である私なんてそうそうこちらのお店で食事なんてできないので、食べてみたかったんですよね。
で、食べたんですが、美味い。でもね、美味しいって何だろうな、って思う味だった。この歳になっちゃうと、美味しいものを食べても感動がなくなるというか…。で、安い値段のお料理でもそこそこ満足できちゃうので、高いモノ食べて美味しいのは当たり前と思っちゃうというかね…。あぁ、きっと老化が進んでるんだわ。

こちらは大和ポークのロースト。900円。うーん、美味しいけど、ソースがちょっと少なかったように思いました。こちらも鶴橋の蒸し豚のような味わいというか…。素材の味が生きているというか、素材の味が勝っているというか…。いや、美味しいんですよ?
一度ちゃんと予約を取ってお店で食べてみたいなと思いました。多分、お店で食べるともっと美味しく感じると思うから。
シェフズキッチンは毎日シェフが変わるので、違う日のお料理も食べてみたいと思いました。


美味しいモノを食べるとお酒も進むので、もちろんお酒も飲みました。どこのお店だったかは覚えていないけど、サングリア。サングリアを出しているお店はいくつかありました。


こちらはタコス屋さんの側で販売していたモヒート。1つ500円ぐらいだったような..。いちごのモヒートといちじくのモヒート。いちごジャムやいちじくジャムにラム酒を混ぜて炭酸で割ったって感じの味でした。多分、レシピもそんな感じだと思う。ま、美味しいんですけどね。


こちらはちゃんとミントが入ったモヒート。お店の名前は忘れたけど、ステージに近い場所のモヒートでした。値段も500円とか600円ぐらいだったと思います。


日本酒は苦手なので、私は飲まなかったけど、娘が飲んでました。

3種類飲み比べができて700円前後だったと思います。


奈良県産のものを使っているところが多いため、値段設定も少し割高に感じましたが、どのお店も美味しくて、やっぱり来年も行きたいなと思ってしまいました。

タイトルとURLをコピーしました