「洋食亭」ハンバーグを食べてみた

この記事は約3分で読めます。

味の素冷凍食品さまで「洋食亭」ハンバーグのモニターがあったので応募してみたら当選し、商品が届いたので早速食べてみました。
味の素冷凍食品洋食亭ハンバーグ
届いたのは「洋食亭」ジューシーハンバーグと「洋食亭」和風ハンバーグが1つずつ。


調理方法は大鍋にお湯を沸かし、沸騰してから凍ったままのハンバーグを袋ごと投入。再度沸騰してから蓋をせずに中火で18分加熱します。18分ってなかなかの長さですね。レンジ調理は不可です。

「洋食亭」和風ハンバーグ

「洋食亭」和風ハンバーグ
こちらは「洋食亭」和風ハンバーグ。ソースは玉葱仕込みのたれです。

「洋食亭」和風ハンバーグ
お箸ですっと切れる固さです。お箸を入れると肉汁がじゅっと溢れます。ホームページを見ると、玉葱を煮詰めて甘味とコクを出した和風のたれ、とありました。
早速家族で食べてみました。食べた瞬間、長女と長男は「あ、これ、ザ☆シュウマイ!!」と言う。えー、何言ってるのかしら、と思いながら私も食べてみると、確かにザ☆シュウマイの中身の肉の味とすごく似ている感じがします。ザ☆シュウマイに玉ねぎドレッシングをかけた感じとでもいうんでしょうか。ザ☆シュウマイ自体、美味しい商品なんで、美味しいんですけど、ハンバーグという点から考えるとちょっとずれてる気がしないでもないです(笑)。

栄養成分表示 1袋(160g)当たり
エネルギー 243kcal
たん白質 16g
脂 質 15g
炭水化物 11g
食塩相当量 2.2g

生産工場 埼玉工場

原材料名
食肉(牛肉、鶏肉、豚肉)、たまねぎ、つなぎ(パン粉、卵白、でん粉、卵白粉、乳たん白、豚肉たん白)、豚脂、食塩、しょうゆ、ドライオニオン、香辛料、植物油脂/ 加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、ソース[たまねぎ、しょうゆ、醸造酢、砂糖、香辛料/ 増粘剤(加工でん粉、キサンタン)、調味料(アミノ酸)]、(一部に小麦・卵・乳成分・牛肉・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

「洋食亭」ジューシーハンバーグ

「洋食亭」ジューシーハンバーグ
こちらは「洋食亭」ジューシーハンバーグ。ソースはデミグラスソースです。

「洋食亭」ジューシーハンバーグ
こちらもお箸ですっと切れます。切ると肉汁が溢れます。
ソースの色はかなり濃いめ。パッケージに深いこくとほんのりビターってあるんですが、ソースはかなりビターで、苦みを感じます。お肉自体はこちらの方がお店のハンバーグっぽく感じて、肉自体がおいしく感じました。旦那と長女は美味しいわ、言いましたが、私と長男はソースがちょっと苦いよねぇ、という感想。小さい子供だと嫌がるかもしれません。私自身はこの苦みが雑味に感じて、あまり好きではありませんでした。この苦みがなければ、バゲットなんかと一緒に食べたらワインとかにも合いそうなのに…と。苦みがないバージョンがあったらもっといいのになぁ~と思いました。

栄養成分表示 1袋(165g)当たり
エネルギー 286kcal
たん白質 16g
脂 質 18g
炭水化物 15g
食塩相当量 2.0g

生産工場 埼玉工場

原材料名
食肉(牛肉、鶏肉、豚肉)、たまねぎ、つなぎ(パン粉、卵白、でん粉、卵白粉、乳たん白、豚肉たん白)、豚脂、食塩、しょうゆ、ドライオニオン、香辛料、植物油脂/ 加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、ソース[トマトケチャップ、マーガリン、トマトペースト、ソテーオニオン、小麦粉、ホワイトルー(小麦粉、バター)、砂糖、チャツネ、バター、醸造酢、乾燥スープ(コンソメ)、酵母エキス、食塩、香辛料/ 増粘剤(加工でん粉)、調味料(有機酸等)]、(一部に小麦・卵・乳成分・牛肉・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

感想

市販のハンバーグってあんまり美味しいのがないから、滅多に買うことがないんですが、この洋食亭はまずますのお味で、たまになら買ってもいいかなぁと思いました。冷凍食品なので、賞味期限が長いのがいいですね。が、調理時間に18分かかるのはちょっと長すぎるかなぁ~。
だいたいスーパーで1つ300円前後で売っているようですが、コストを考えると自分で作る手作りハンバーグの方が安上がりで美味しいです。1人暮らしとか、家族が少ない家なら、食べに行くよりは安上がりだし、味もまずまずの美味しさなので、いいかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました