LINEマンガ『ハニーウェディング』8

この記事は約7分で読めます。

LINEマンガにある『ハニーウェディング』のあらすじの続きです。ざっくりあらすじですが、ネタバレもあったりすると思います。所々作者の意図とは違う解釈があるかもしれませんが、悪しからず。

71話~75話

71話

里奈は朝から調子が悪くてごめんなさいね、と謝る母親。
食事が終わって帰る理恵と先生。理恵の肩にまわされた先生の手を見て、苦々しい表情でそれを見る母親。
ニューヨークの出張についていきたいという理恵に期末試験期間なんだからダメだろう、という先生。
先生の父親から電話。お義母さんの手料理が食べたいから今からそちらへ行ってもいいかと聞く理恵。もちろんいいよと言われて、義実家へ行くことに。

酒を飲みながら先輩(HKファッションの人間)と話す兄貴。星加社長の反応を聞く。星加は必ずそっちと手を組むと先輩に断言する。HKファッションも後継ぎ争いの間最中。HKファッションが功績を残せば、先輩の地位も上がり、自分も欲しいものが手に入るほほくそ笑む兄。

眠いといって布団から出ない里奈に母親は相手は誰なの?と聞く。答えない里奈に、相手は誰でもいいわ、と笑う母親。

72話

どういうこと?と聞く里奈に、優太と結婚すればいいと言う。

試験勉強が手につかない理恵。先生が好きすぎてベタベタくっつく。出張中離れ離れになって会えないことを我慢できるか不安になる。

73話

学校に理恵の顔見にやってきた先生。空き教室に二人で入りキスをする。
理恵の友達に差し入れをして、会社に戻る先生。見送ってくるという理恵。車に乗って、キスをねだる理恵。
会社に戻りたくないと思いつつ戻る先生。

里奈の家族と優太の食事会。適当な所で席を立つから、彼が酔った時がチャンスよ、と娘に言い聞かせる母親。
里奈の両親も帰ったし、自分たちも帰ろうかと言う優太に、1杯だけお酒を付き合ってとバーに誘う里奈。
優ちゃんに母親が自分と優ちゃんを結婚させたがっているという里奈。自分が他の男の子を妊娠していることを優ちゃんに話す。母親はこの子を優ちゃんの子にしたいみたいだけど、優ちゃんんは自分のタイプじゃないし、優ちゃんと結婚する気はないという。愛よりもお金。自分の結婚相手は大企業MGグループの長男レベルじゃないとね、と笑う里奈。

74話

だからMGグループに嫁に行けるようにちゃんと自分との縁談を断って欲しいと優ちゃんに頼む里奈。
そうした母親も諦めるだろうし、理恵が離婚した時に優ちゃんにもチャンスがあるかもしれないでしょ、と微笑む。
MGグループの長男とは大学の同期でしょ?、彼について自分の両親によく言っておいて欲しいと頼まれる優ちゃん。彼は現在アメリカでは?という優ちゃんに、去年戻ったのよ、と答える里奈。
自分ができるのは里奈との結婚を断ることだけで、後のことは自分でしろ、と突き放す優ちゃん。そんな態度を取られるとは思っていなかった里奈は驚く。また理恵のことを詮索するのもやめろ、と里奈に言う。

図書館から出た理恵には先生のお迎え。車に乗って自宅へ向かっていると、母親から電話が入る。自分が出ると言いかけた所で、先に出る理恵。スピーカー機能で要件を一緒に聞く先生。どこにいるの、理恵の好きなおかずを持ってきたのに、という母親に、まだすぐには戻れないと答える先生。警備室に預けてくれと頼むが、すぐ冷蔵しなきゃなんないから入れようと思ってと言う母親。家の暗証番号を教える先生。先生はなるべく母親と理恵を会わせないように時間をかけて家に帰る。
部屋に戻ると丁度母親が帰る所だった。母親が帰った後の部屋をじっと見る先生。

空港。出張の見送りをする理恵。何があっても信じて待っていてくれ、と理恵に言う先生。

75話

やっとテストが終わった理恵たち。空港で何があっても信じて待っていてくれと言われたことを思い出し、どうしてあんなことを言ったんだろうと思う理恵。

理恵の母親と先生の兄貴が会う。兄貴は、弟が迷惑をかけてすまないと謝る。どういうことかと問いただす母親。
兄と会った後、会社へ行くと車に乗り込む母親。車の中で、先ほどの兄の言葉を思い出す。
弟は昔から何でも自分のものにしなきゃ気が済まなかった、だから自分も左遷された、理恵のことも自分の汚い欲望を満たすだけに利用しているんだと言う兄。
その言葉を思い出してにやつく母親。
会社に着き、夫の下へ行く母親。シャイン・アパレルの専務(兄)から、俊明のせいでいろんな目にあった、自分たちに遠慮してHKファッションの提案を保留してるんじゃないかと心配していると言われたと夫に言う母親。
そして、理恵の家から持ち出した離婚契約書を夫に見せる。こんなものを作っているなんて理恵が可哀想じゃない、理恵のためにもなんとかしてあげなきゃ、と夫を唆す母親。それを見た夫は、これで口実ができたと喜ぶ。

帰国の為に飛行機に乗り込む先生。

75話~80話

76話

帰国して理恵の携帯に電話をするが、電話は不通。
家に戻り、理恵を探す先生。しかし理恵はどこにもいない。理恵の両親の携帯に電話をするが、誰も出ない。
ネットニュースで、自分とペーラの熱愛発覚のニュースを見つける。事業のために年下の妻と政略結婚をしている妻帯者の不倫スキャンダルだと書かれていた。
しつこく母親の携帯に電話する先生。やっと出た母親はいい加減にしなさい、声も聞きたくない、理恵には会わせないと言う。

77話

理恵は母親に軟禁状態にされていた。逃げたり、誰にも連絡できないように警備をつけられ、携帯も取り上げられてしまっていた。
これで離婚になれば、シャイン・アパレルとも手を切れる、理恵も望まない結婚から解放される、と喜ぶ父親。
不幸な理恵の状態を喜ぶ母親。

部屋の窓から外を見ると警備員が見張りをしているのに気付く理恵。
空港に出迎えに行こうと用意をしていた時のことを思い出す。家を出ようとした時に母親からの電話がかかり、ペーラと俊明が不倫してるらしいじゃない、と言う。とにかく今すぐ会って話しましょうと言われ、仕方なしに実家へ行った理恵。ペーラと二人きりで写っている写真を見せられる。そんな関係じゃないのに、と言うが、母親たちは聞く耳を持たない。おまけにこんなものをあなたの家で見つけたわ、と離婚契約書まで突きつけられる。ペーラとの不倫のために利用されたのよ、と言い切る母親。

理恵の実家へ里奈との結婚を断ろうと車を走らせる優ちゃん。実家へ着くと、ずぶ濡れになりながら理恵の名前を叫びつつ玄関を叩き続ける先生の姿があった。

78話

先生にしっかりして下さいという優ちゃん。体調が悪そうな先生を家まで送る。何があったのか説明して欲しいという優ちゃんに不倫報道のことを言う先生。プライドを捨てて俺に頭を下げるなら協力してやる、と優ちゃんに言われた先生は、意地をはってなかなか頼まないが、結局、助けて欲しいと優ちゃんに頭を下げる。

79話

週末に様子を見てくるから、ちょっと待って欲しいと言う優ちゃん。私も一緒に行くと仁美たちがやって来る。
仁美は理恵の様子を聞くために里奈に電話する。ショックを受けて部屋に閉じこもってるわ、と答える里奈。忙しいから、と電話を切る里奈。自分の結婚までパーになったらどうしてくれるのよ、と思う。自分はMGグループの長男と結婚するんだ、と長男らしき男と会う。
結婚の話をする里奈と男。男に指輪を渡される。里奈の妊娠を知った父親は激怒するが、母親が相手はMGグループの長男だ、と言う。そこの長男ならば反対する理由もないだろう、父親と怒りをおさめる。

優ちゃんの姿を見かけた理恵は部屋から出て優ちゃんに会う。

80話

突然どうしたんだ、という父親に、両親からお土産を預かってきたという優ちゃん。
父親が電話に出ている間に優ちゃんと二人きりになった理恵は、助けて欲しいと言う。先生に頼まれて来たという優ちゃんに、本当に先生が優ちゃんに頼んだの?と聞く。
時間がないから、とメモを優ちゃんに渡し、先生に渡して欲しいと頼む。それとこの指輪も、と。どうして?と聞く優ちゃんに、この指輪と一緒に渡せば、自分からだという証拠になるから、とお願いする。父親に書斎で話そうと言われた優ちゃんは、父親が見ていない所で先生からだ、と手紙を理恵に渡す。

先生に会う優ちゃん。預かった指輪を渡す。その指輪は沖縄で拾った?世界に一つしかないサンゴの指輪。返す理由を言ってなかったかという先生に、返したとは言っていない、渡して欲しいと言われただけだ、と理恵からのメモを渡す。メモには信じていますと書かれていた。

先生からの手紙を部屋で読む理恵。
ベランダから先生が入って来る。

≪≪プロローグから10話
≪≪11話から20話
≪≪21話から30話
≪≪31話から40話
≪≪41話から50話
≪≪51話から60話
≪≪61話から70話
81話から90話≫≫
91話~100話(本編最終話)≫≫
番外編≫≫

タイトルとURLをコピーしました