LINEマンガ『ハニーウェディング』9

この記事は約7分で読めます。

LINEマンガにある『ハニーウェディング』のあらすじの続きです。ざっくりあらすじですが、ネタバレもあったりすると思います。所々作者の意図とは違う解釈があるかもしれませんが、悪しからず。

81話~85話

81話

どうやって入ってきたのか尋ねる理恵。庭の警備も大雨ならいないだろう、裏庭から2階のテラスに行ける階段がある、と優ちゃんに聞いていた。
先生の後ろ姿を車のバックミラーで見ながら、子供の頃のことを思い出す優ちゃん。
理恵を笑顔にできる人なら、理恵が幸せならそれでいいと思う。

理恵に一緒にここを出ようという先生。ここにいて、両親の動きを見ることで先生の役に立つならここに残るという理恵。でもこれ以上離れたままでいるのは耐えられないと先生は思う。完璧に解決するから、それまで待ってくれと理恵に言う。

82話

二人で出て行こうとすると、警備員に止められるが、本人の意思に反して閉じ込めることは罪になるってわかってますよね?という先生の言葉に引き留めることができない。大事な娘を渡すわけがないだろうと父親に見咎められるが、その大事な娘が安心していられる場所に連れて行くんだ、と先生は言う。これからは俺がお前の家だと理恵に言う先生。

先生の実家。あの騒動は本当なのか、と騒ぎになっている所に理恵と先生がやって来る。頭に血が上った父親は、竹刀?木刀?で息子を叩こうとするが、理恵が私の夫です、と先生を庇う。
大騒ぎだな、と副社長(この人、何度か登場してますが、結局先生の父親の兄だったみたいです)がやって来る。

理恵の実家。理恵に出て行かれた母親は怒り心頭。自分がいない間によくも勝手なことをしてくれた、倍返しにしてやると先生に対して思う母親。
里奈と婚約者がやってくる。二人の顔を見た母親は嬉しそうな顔をする。

83話

結婚の挨拶に来たという里奈の婚約者。そっと窺う母親。あの様子じゃあなたにベタぼれみたいね、と里奈に言う。
里奈も自分に夢中なのよ、と惚気る。MGグループの副会長の嫁になれるなんて、と喜ぶ里奈と母親。新居も工事中で、2か月以内に結婚式も全部済ませる予定だと言う里奈。準備は一切いらないらしいわ、という里奈に、そいういうわけにはいかない、私が全部用意するから、新居の住所を教えなさいと言う母親。
自分が婚約者を連れてきたのに、理恵は顔も出さないつもり?と不機嫌になる里奈。自分が外出中にあの男が連れて行ったわ、と言う母親に、嘘でしょ、と驚く里奈。自分の結婚の邪魔(不倫騒動が原因で)をしたら許さないと思う。

先生の実家。副社長を交えて今までの経緯を説明する。修司(先生の兄貴)の力になろうとしていたのに、返ってきたのは裏切りだったと修司の悪行を暴露する副社長。母親は優しい子だと思っていた修司の一面を知り、ショックを受ける。修司の実の母親が亡くなってすぐに嫁いできて、先生をすぐに産んでしまったから、疎外感を感じてそうなんたんだわ、と自分を責める母親。父親や先生はお母さんのせいではないと慰める。
英子(先生のお母さん)と俊明を傷付けるためなら、彼は何でも利用する気なんだと副社長は言う。

84話

部屋の外で待っていた理恵の下に義母が駆け寄り、今までの労をねぎらわれる。優しい言葉を義両親にかけられ、泣き始めてしまう理恵。

翌日、先生は一人で理恵の実家へ行き、不倫報道は誤解だと土下座をする(彼の策略)。その先生にひどい言葉をかける理恵の親。今の言動や行動は、本当に理恵のことを思ってのことなのか、と聞く先生。

85話

自分と理恵を離婚させて、事業契約を破棄する気じゃないのか?と尋ねる。馬鹿な事言わないでという母親に、本当に理恵のためなんですね?と念押しし、ならば自分も理恵だけのために何でもすると言って去る。

仁美からネットに先生とペーラの写真が大量に出回っているという電話を貰う理恵。すごいバッシングされてるよと言われる。私は大丈夫だから、また連絡する、と理恵は電話を切る。

86話~90話

86話

ペーラとの不倫報道があちこちで話題になっている。
由梨たちも心配して電話をかけてくる。

理恵の父親は、先生との会社の契約を一方的に破棄し、マスコミに必ず娘を離婚させると発表していた。それが理恵のためなんだと信じているようだった。
家に帰ってきた夫に、理恵を離婚させると報道させたのはいいことだと母親に言う。
専務(先生の兄)からの連絡は?と妻に尋ねる父親。先生は閉じこもって(専務には)何の連絡もしてこないらしいです、と夫に言うが、契約を一方的に破棄されたのに、何の対応もしていないことを不審に思う。

里奈の新居に行く母親。うちも免税店事業に投資するのはどう?と里奈に言われた母親は、入札が厳しくてなかなか入れないのよ、できるなら願ったり叶ったりだわと答える。
婚約者の母親が絵画が好きと聞いた里奈は、母親に新居に絵を飾りたいとねだる。海外オークションで探してみるわ、と気安く請け負う母親。

87話

ペーラがぞろぞろと弁護団を引き連れて日本にやってきた。マスコミに先生との不倫のことを聞かれるペーラ。
後日、正式な場で話す、と答える。

ペーラが来日したこと、俊明が翌日記者会見するということを聞き、彼ももう終わりねと嬉しそうな理恵の母親。

記者会見をする先生。不倫は事実ではないと否定する。ネットでばらまかれている写真はすべてビジネス上のもので、プライベートなものではない、と弁明する。
二人の関係がプライベートなものではないとどう証明するのか?と聞かれた先生は、確実な証拠があるとマスコミに答える。
記者会見の場にペーラ自身が登場する。

88話

記者会見をテレビで見ていた理恵の両親。里奈にドレス試着時間の予約に遅れてしまうと言われ、母親は里奈と一緒に出掛ける。
里奈の新居の具合を秘書?に聞く母親。絵も翌日に届くと聞き、一つは新居に、一つは相手の両親に送っておいてと頼む。費用は会社の経費で処理をさせた母親。その通りにしたが、もうすぐ税務調査なので、と言う秘書?に、里奈がどこに嫁ぐとおもってるの?と意に介さない。
メイドたちは里奈親子の姿を見て、里奈に対する半分でも理恵に愛情を注げばいいのに、と思う。

記者会見。ペーラは俊明にはすでに愛する妻がいると言う。じゃああの写真は偽物なのか?とマスコミに聞かれ、本物だと答える。何を言ってるんだとざわつくマスコミ。
ペーラは、自分は写真を撮られることが好きで、24時間体制で個人フォトグラファーを5名雇っている、その写真は今まで非公開のアカウントにアップしていたが、今日からそのアカウントを公開すると宣言する。それを見ると、ペーラがどこで誰といたか、どこに泊まっていたのか、すべて明らかになると言う。
ペーラは本来、今日はVIVAが東京にオープンする日だったのに、こんなバカげた記者会見を開いている、この騒動が何者かによる悪意ある計画なら、真実を明らかにすることに最善を尽くすと言う。

里奈の婚約者が車を運転している。婚約者の仲間らしき人から、家具が家に運ばれている、絵は明日だ、と連絡を受ける。その電話の後、里奈からの電話があり、今、そっちに向かっていると車を走らせる。

89話

不倫否定の報道を聞いた理恵の実家のメイドたちは、いくら理恵が嫌いだからといって、婿まで嫌う奥様って……と呆れる。
MGグループの動向を探らせておいた父親は、部下から報告を受ける。HKファッションと手が組めなくても、里奈の結婚が公になれば自社株の株価は上がる、どちらにせよ損はしないとほくそ笑む父親。
同じくMGグループのことを探っていた優ちゃんは、星加の名前が全くでていないことに違和感を感じる。

ペーラ、先生、理恵の3人での食事。日本で会見を開いてくれてありがとう、という理恵。元々、不穏な動きを察していたペーラたちが、相手をあぶりだすために手を打たずに放置していたことだった、お礼なら自分を犠牲にしてスキャンダルを耐え抜いた俊明さんに言いなさい、と言うペーラ。
そうだ、私からのあのプレゼント使ってる(前に送られてきたセクシー下着のこと)?と聞かれ、むせる先生。

久々に自分たちの家に戻れた理恵たちは全部終わったことに喜ぶ。

90話

里奈の婚約者。実家に贈られた絵は、親たちが海外にいるので、ここにいる秘書に届けさせる、自分は新居に飾るための絵を直接確認したいと星加デパートの者に言う。秘書と呼ばれた男は去っていく婚約者たちを見てニヤリと笑う。
先生の両親。修司(先生の兄)に連絡をしようと何度も電話をする母親。記者会見後、ロシア支社とも連絡がつかないと夫に言われる。心配しなくても探しているから、と妻に声をかける。

父親の回想:
母さんの事故はどうして起きたんですか?と修司に聞かれた父親は、交通事故だと答える。が、修司は本当にただの事故だったのか?と疑っていた。

こんなことがあったから、昔のように修司を愛せないかもしれないけど、それでも憎むことはできないと母親は言う。修司の子供の頃を思い出す母親。夫に連絡があるまで待とうと言われ、はい、と返事をする。

貴史先輩が、ペーラの写真をリークした人がわかったらしいぞ、とスマホのニュースを仁美に見せる。そこには、リークしたのは理恵の母親。不倫事実を捏造という見出しのニュースが。

里奈と母親。婚約者と連絡がつかないという里奈。
結婚式場らしきところで、母親はここなら自分の愛する娘がお姫様になれると満足げな表情を見せる。

≪≪プロローグから10話
≪≪11話から20話
≪≪21話から30話
≪≪31話から40話
≪≪41話から50話
≪≪51話から60話
≪≪61話から70話
≪≪71話から80話
91話~100話(本編最終話)≫≫
番外編≫≫

タイトルとURLをコピーしました